人気が高い (直送品)ロックスリング TN-25TX5.0 25T×5.0m(超重過重物用ソフトタイプ) ソフターTN スリング、吊具 個人宅配送不可:送付先に個人名記載不可

人気が高い (直送品)ロックスリング TN-25TX5.0 25T×5.0m(超重過重物用ソフトタイプ) ソフターTN スリング、吊具 個人宅配送不可:送付先に個人名記載不可

人気が高い (直送品)ロックスリング TN-25TX5.0 25T×5.0m(超重過重物用ソフトタイプ) ソフターTN スリング、吊具
人気が高い (直送品)ロックスリング TN-25TX5.0 25T×5.0m(超重過重物用ソフトタイプ) ソフターTN スリング、吊具
kg-maido/tr-4675746-1116-8QY
118,551円 395,171円

【メーカー】
●明大(株)

【仕様】
●最大使用荷重(t):25
●全長(m):5
●ベルト寸法(mm)幅×厚さ:90×30
●表面布カラー:緑
●超重過重物用ソフトタイプ

【材質·仕上げ】
●芯:高強力アラミド繊維
●表面布:ポリエステル

【注意】
●荷物の鋭利な角や摩擦によってベルトスリングなどの繊維スリングを傷つける恐れがある箇所には、必ずコーナーパッドなどの当て物を使用してください。
●当て物を使用していても荷物の横滑りや周囲の壁や物への接触、加圧などによりスリングが損傷および切断する可能性がありますので作業環境には十分に注意してご使用ください。
●繊維製品ですので寸法に多少の誤差があります。2本組などで厳密な長さ揃えが必要な場合には事前にご相談ください。

【質量】
●15.100KG

【ご注意】
·商品画像はサイズ違いや色違いを含む代表画像(イメージ)を使用している商品がございます。 
·モデルチェンジ等により仕様や色等の変更が生じる場合がございます。
·画像の商品数と販売数は異なる場合がございます。(例:画像が2本でも販売は1本単位等)
※販売単位が不明な場合は当店までお問い合わせくださ。

商品画像とサイズ·色が違う等での返品·交換はお受けできませんので
最終的な仕様等不明な点はメーカーHP等にてご確認くださいますよう、よろしくお願い致します。

【メーカー】
●明大(株)

【特長】
●高強力アラミド繊維を使用した超重量物用ソフトタイプです。

【用途】
●コンパクトで軽量なスリングを用いて大型設備などの運搬や据え付け時に最適。

【仕様】
●最大使用荷重(t):25
●全長(m):5
●ベルト寸法(mm)幅×厚さ:90×30
●表面布カラー:緑
●超重過重物用ソフトタイプ

【材質·仕上げ】
●芯:高強力アラミド繊維
●表面布:ポリエステル

【注意】
●荷物の鋭利な角や摩擦によってベルトスリングなどの繊維スリングを傷つける恐れがある箇所には、必ずコーナーパッドなどの当て物を使用してください。
●当て物を使用していても荷物の横滑りや周囲の壁や物への接触、加圧などによりスリングが損傷および切断する可能性がありますので作業環境には十分に注意してご使用ください。
●繊維製品ですので寸法に多少の誤差があります。2本組などで厳密な長さ揃えが必要な場合には事前にご相談ください。

【質量】
●15.100KG

オレンジブックカタログ2019年の【 】をご参考下さい。

※オレンジブックカタログには、他メーカー製品の取扱いもございます。店内で同等品でも価格が異なって販売されている場合がございますので、あらかじめご了承ください。

XTAR(エクスター) H3 ヘッドライト 【2015モデル】 XM-L2 U3 搭載【1000ルーメン】 防水

種光 ステン用 安来鋼SLD使用 本職鉄板用 スタンダード 180mm ≪エグリ≫

10年ぶりに、この本を再度読み、私は、この内容に共感をし、立派な人や、遠い特別な存在になるのではなく、
こんな存在でありたい。そう思ったのを思い出しました。

その本の紹介に書かれていた内容をちょっと紹介します。

・・​・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夢を叶えるゾウ 題名だけ聞くと、絵本か子供向けの本かもしくは小説かというところであろう。しかし本書はビジネス書である。著者がビジネス書と意識して書いているかどうかは別として・・・。ビジネスの基本とは何であろう。営業マンならモノが売れることがビジネスになる。サービスマンなら故障したモノを直してビジネスだ。研究者なら研究して発表することが何らかのビジネスにつながってくる。しかしその前にあるものはまず「人」だ。「人」が何かを望む、それに誠実に応えようとすることがめぐりめぐってビジネスにつながる。「人」対「人」からビジネスが生まれてくる。

   この主人公へ一章毎に課題をだしてケムにまいていくのが、本書の名前になっている「ゾウ(ガネーシャ)」だ。この本の一番の魅力が彼の話術の巧みさだ。超がつくほどあやしげな「ゾウ」で、「だれがこんなやつのことを信じるのだと」と言いたい主人公だが、ガネーシャが繰り出してくる話が今まで変われなかった自分への痛烈な批判だったり、戒めだったりするのだが、それだけではない。松下幸之助やアイザック・ニュートンなどのビジネス界の大物や歴史上の人物の逸話が、まるで近所に住んでいる話好きなおじさんが話す噂話のようにでてくるのだ。そこでは「人」が「人」を理解できて初めてビジネスにつながっていき、彼らがいかに成功していったかという話が語られてゆくのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・​・・・・・・・・・・・・・・・・

 

​と言った内容です。

自分がどうあるべきなのかを追求することの方が、成功への近道なのだと最近、

確信しています。

​(ただ、成功の定義をどこに置いているかは、質を問われますが・・)
精神世界とビジネスを切り離して、人が魂を輝かせて生きることなど、できないと思うのです。

​だから、私は、ここをつなぐことを仕事にしたのだと・・。​

​急にどうしたのかな?でも、私の成長のスパイラルが一つ次の段階に入るのにいることだった

のかもしれません。

 
GETAHOME.MX RSS