お気に入り ボディ(替刃)のみ(UR-Lシャンク対応) マルチショート110mm UR21 ユニカ ( ユニカ(株) ) UR21-MS110B ドライバービット 【商品の返品·交換条件】:※未使用·未開封のみ

お気に入り ボディ(替刃)のみ(UR-Lシャンク対応) マルチショート110mm UR21 ユニカ ( ユニカ(株) ) UR21-MS110B ドライバービット 【商品の返品·交換条件】:※未使用·未開封のみ

お気に入り ボディ(替刃)のみ(UR-Lシャンク対応) マルチショート110mm UR21 ユニカ ( ユニカ(株) ) UR21-MS110B ドライバービット
お気に入り ボディ(替刃)のみ(UR-Lシャンク対応) マルチショート110mm UR21 ユニカ ( ユニカ(株) ) UR21-MS110B ドライバービット
orangetool/1893789-4639-9F3
6,457円 10,761円
マルチショート UR-MS|多機能コアドリル UR21|製品紹介|ユニカ株式 , 新製品情報も満載 □ユニカ ボディ(替刃)のみ(UR-Lシャンク対応

[特長]
●サイディング壁、石膏ボード、FRP、ベニヤ板、塩ビ板、複合材等の穴あけにマルチに活躍します。
●有効長60mmのショートタイプです。
[仕様]
●刃径(mm):110
●有効長(mm):60
●刃厚(mm):2
●適合機種:電気ドリル、振動ドリル(回転モード)、軽量ハンマードリル(回転モード)
●全長(mm):74
●適合材:軟質サイディングボード、木材、塩ビ板、FRP、石膏ボード、合板
●材質:刃部:超硬チップ
●替刃式コアドリル
●UR-Lシャンク(品番:UR60/170FST、UR60/170FSD、2CB65FST
●2CB65FSD)対応
[材質/仕上]
●刃部:超硬チップ

特長:
サイディング壁、石膏ボード、FRP、ベニヤ板、塩ビ板、複合材等の穴あけにマルチに活躍します。
有効長60mmのショートタイプです。


用途:
軟質サイディングボード、木材、塩ビ板、FRP、石膏ボード、合板の穴あけに。


仕様:
刃径(mm):110
有効長(mm):60
刃厚(mm):2
適合機種:電気ドリル、振動ドリル(回転モード)、軽量ハンマードリル(回転モード)
全長(mm):74
適合材:軟質サイディングボード、木材、塩ビ板、FRP、石膏ボード、合板
材質:刃部:超硬チップ


材質/仕上:
刃部:超硬チップ


マルチショート UR-MS|多機能コアドリル UR21|製品紹介|ユニカ株式
新製品情報も満載 □ユニカ ボディ(替刃)のみ(UR-Lシャンク対応

ユニカ UR21 マルチショート110mm ボディ(替刃)のみ(UR-Lシャンク対応) UR21-MS110B 189-3789(直送品)
マルチショート UR-MS|多機能コアドリル UR21|製品紹介|ユニカ株式
マルチショート UR-MS|多機能コアドリル UR21|製品紹介|ユニカ株式
マルチショート UR-MS|多機能コアドリル UR21|製品紹介|ユニカ株式
新製品情報も満載 □ユニカ ボディ(替刃)のみ(UR-Lシャンク対応

12/1☆イラストオーダー ヒネト パパ ディアコール 手描きイラスト

44mm 金色 apple watch メタル ラバーバンド カスタム 金属

10年ぶりに、この本を再度読み、私は、この内容に共感をし、立派な人や、遠い特別な存在になるのではなく、
こんな存在でありたい。そう思ったのを思い出しました。

その本の紹介に書かれていた内容をちょっと紹介します。

・・​・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夢を叶えるゾウ 題名だけ聞くと、絵本か子供向けの本かもしくは小説かというところであろう。しかし本書はビジネス書である。著者がビジネス書と意識して書いているかどうかは別として・・・。ビジネスの基本とは何であろう。営業マンならモノが売れることがビジネスになる。サービスマンなら故障したモノを直してビジネスだ。研究者なら研究して発表することが何らかのビジネスにつながってくる。しかしその前にあるものはまず「人」だ。「人」が何かを望む、それに誠実に応えようとすることがめぐりめぐってビジネスにつながる。「人」対「人」からビジネスが生まれてくる。

   この主人公へ一章毎に課題をだしてケムにまいていくのが、本書の名前になっている「ゾウ(ガネーシャ)」だ。この本の一番の魅力が彼の話術の巧みさだ。超がつくほどあやしげな「ゾウ」で、「だれがこんなやつのことを信じるのだと」と言いたい主人公だが、ガネーシャが繰り出してくる話が今まで変われなかった自分への痛烈な批判だったり、戒めだったりするのだが、それだけではない。松下幸之助やアイザック・ニュートンなどのビジネス界の大物や歴史上の人物の逸話が、まるで近所に住んでいる話好きなおじさんが話す噂話のようにでてくるのだ。そこでは「人」が「人」を理解できて初めてビジネスにつながっていき、彼らがいかに成功していったかという話が語られてゆくのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・​・・・・・・・・・・・・・・・・

 

​と言った内容です。

自分がどうあるべきなのかを追求することの方が、成功への近道なのだと最近、

確信しています。

​(ただ、成功の定義をどこに置いているかは、質を問われますが・・)
精神世界とビジネスを切り離して、人が魂を輝かせて生きることなど、できないと思うのです。

​だから、私は、ここをつなぐことを仕事にしたのだと・・。​

​急にどうしたのかな?でも、私の成長のスパイラルが一つ次の段階に入るのにいることだった

のかもしれません。

 
GETAHOME.MX RSS